logoa

桜蔭会トップ

ご挨拶

役員紹介

支部紹介

規約

平成24年度総会

24soukai

国分高校通信

国分高校同窓会(桜蔭会)会則

第1章 総  則

第1条 本会は国分高等学校同窓会(桜蔭会)と称し、会 員相互の親睦を図り母校に対する情誼を厚くすること
    を目的とする。
第2条 本会は本部及び事務局を鹿児島県立国分高等学校内に置く。また、地域によっては支部を置くことがで
    きる。

第2章 会  員

第3条 本会の会員を下記の二種とする。
    通常会員 姶良郡立実科高等女学校・姶良郡立高等女学校・鹿児島県立国分高等女学校同上講習会
           及び鹿児島県立国分高等学校の卒業生並びに中途退学の有志。
    客   員 現在及び旧職員。
    会員は入会の際,会費として一金5,000円を納入する。但し、客員からは会費は徴収しない。
第4条 会員は改姓・転居その他身上に異動があったときは直ちに通知するものとする。

第3章 事  業

第5条 本会は次の事業を行う。
   1.会員相互の親睦。
   2.母校との連絡及び母校応援。
   3.教育振興委員会を置く。    4.会報の発行。
   5.その他必要と思われる事項。

第4章 役  員

第6条 本会に次の役員を置く。
   1.会 長 1名
   2.副会長 若干名(各支部長を含む)
   3.理事  若干名(各副支部長を含む)
   4.監 事 2名
     会長・副会長・理事・監事は幹事会において選出する。
   5.幹 事
     幹事は各卒業年度ごとに置く。
   6.事務局
     事務局員は客員中から会長が委嘱する。
   役員の任期は2年として再任は妨げない。
第7条 会長は会務を総理し、副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はこれを代理する。幹事は本部と緊
   密に連絡し、幹事学年会員を総括する。理事は会務を掌理し、監事は会計監査をする。

第5章 顧  問

第8条 本会に顧問を置くことができる。
     前会長が務め任期は2年とする。

第6章 幹 事 会

第9条 幹事会は次のことを行う。
   1.予算の議決及び決算の認否
   2.役員選任
   3.会員名簿整理に関すること
   4.事業に関すること
   5.会則改正
   6.その他必要と認めた事項

第7章 総  会

第10条 総会は毎年1回開く。但し幹事会の議決により臨時総会を開くことができる。
第11条 総会では次のことを行う。
   1.会務報告
   2.協議
   3.講演談話
   4.親睦行事
   5.亡師亡友の追悼会
   6.会則改正
第12条 本会の経費は会費,寄付金及び雑収入をもって充てる。
第13条 会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第8章 慶 弔 規 定

第14条 この規定は、慶弔金等に関する事項を定めることを目的とする。
第15条 この規定は本部役員に適用する。
第16条 慶弔見舞金は次の通りとする。
   1.弔事には、弔電・香典・花輪のいずれか10,000円程度のものをする。
   2.疾病等により1ヶ月以上療養した場合は、5,000円の見舞金をする。
   3.その他の件については、役員会で協議する。

第9章 表 彰 規 定

第17条 表彰は次の通りとする。
   1.同窓会に功績のあったものと認められた会員とする。
   2.会員以外で同窓会の発展に寄与したものとする。
第18条 この規定の運用にあたっては、会長又は役員会の承認を受けるものとする。

第10章 財 産

第19条 財産については、別紙財産目録に表し、管理する。

附則 本会則は平成12年6月16日より施行する。
   三役会    会長 副会長
   役員会    会長 副会長 理事
   拡大役員会 会長 副会長(各支部長)理事
   幹事会    会長 副会長 理事 幹事 監査

国分高等学校教育振興委員会会則

第1章 総  則

〔名 称〕
第1条 この会は、鹿児島県立国分高等学校教育振興委員 会と称する。
〔事務所〕 第2条 この会は、事務所を鹿児島県霧島市国分中央二丁目8番1号「鹿児島県立国分高等学校同窓会館」内に置く。

第2章 目的及び事業

〔目 的〕
第3条 この会は、鹿児島県立国分高等学校の教育の充実と振興を図ると共に、地域の教育の向上発展に寄与する。
〔事 業〕
第4条 この会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
    1.教育・文化・スポーツの振興のための援助
    2.不測の事態により学校及び生徒が困難になった場合の援助
    3.同窓会及び学校・PTAとの連携を図る
    4.その他目的達成に必要な事業

第3章 構成及び役員

〔構 成〕
第5条 この会は、目的に賛同する同窓会会員で構成する。
〔役 員〕
第6条 この会に、次の役員を置く。
    1.委 員 長  1名
    2.副委員長 若干名(教頭を含む)
    3.監  事 2名
第7条 委員長は、会務を総理し、この会を代表する。
    2 副委員長は、委員長を補佐し委員長事故ある時はこれを代理する。
    3 監事は、会計監査を行う。
第8条 役員の任期は、2年として再任を妨げない。
    2 補欠・増員により選任された役員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。
    3 役員は、その任期終了後でも後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。

第4章 会  計

〔会 計〕
第9条 この会の経費は、寄付金及び雑収入をもって充てる。
    2 会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
    3 その他必要に応じて経費の歳入に努力する。

第5章 役 員 会

〔役員会〕
第10条 目的達成のための事業の進捗状況を把握し、円滑な運営ができるように概ね2ヶ月毎に役員会を開催
      する。
      2 緊急を要する際は、委員長の判断で開催することができる。
付 則  その他必要な事項についてはその都度協議する。
      この会則は、平成12年6月16日より施行する。

慶 弔 規 定

第1条  この規定は会則第5条の2にもとづき、慶弔金等に関する事項を定めることを目的とする。
第2条  この規定は本部役員に適用する。また、本規定に準じて在職期間等を考慮の上適用することができ
     る。
第3条  慶弔見舞金は次の通りとする。
     1 本人が疾病等により1か月以上療養した場合は、5000円を見舞金として贈与する。
     2 本人及び扶養家族が火災・水害等により相当の被害を受けたときは、被害状況に応じて見舞金を
       贈与する。
     3 本人及び配偶者・本人の子息子女・父母の慶事及び弔事には祝電・祝金・弔電・香典・花輪とするこ
       とができる。
第4条  表彰及び記念品は次の通りとする。
     1 同窓会に功績のあったものと認められる会員とする。
     2 社会的に善行等で表彰され同窓会の指針に添うものとする。
第5条  この規定の運用にあたっては、会長又は役員会の承認を受けるものとする。

附則   1 教職員の記念品代は次の通りとする。
       基本金2,000円+勤務年数×1,000円とする。
     2 現教職員の死亡については上記の規定に準ずる。
       ※ 平成12年5月26日(金)役員会で決定する。

 

kokubukoukouDousoukaiOinkai